C型肝炎の特徴について

肝炎は、肝臓に炎症が起こってしまう病気ですが、肝臓は沈黙の臓器とも言われているほどダメージに強い臓器ですので、発病していてもなかなか自覚症状がなく、悪化してから始めて気づくことが多い病気だそうです。

肝炎になってしまう原因としては、日本人の場合は80%がウィルス性のものになるそうで、その中でも多いのはA型、B型、C型肝炎の3つになるそうです。

A型が経口感染するのに対してB型とC型は血液を介して感染するそうですが、C型肝炎のウィルスは感染力が弱いために、単に血液に触れた程度では感染しないそうです。

そのために日常生活で移るようなことはほとんどなく、多くの場合は輸血などによる場合が多いそうです。

C型肝炎の厄介なのは、成人してから感染してしまうと治りにくくなってしまうことだそうで、7~8割の人が慢性化してしまうことだそうですし、慢性化してしまうと自然治癒は難しくなってしまうそうですし、そのまま放置すると肝硬変や肝がんを引き起こす可能性もあるそうです。

C型肝炎の特徴としては、A型やB型肝炎に比べると初期の症状が軽いことだそうです。

もともと、肝炎の多くは重症になってしまうまで、なかなか自覚症状が出にくい病気だそうですが、その中でも特にC型肝炎はその傾向が強いそうです。

以前に行われた調査によるとC型肝炎のウィルスに感染している人は、100~200万人と推定されているそうですが、人数に幅があり数字も推定となっているのは自覚症状がない人も多いと考えられているためだそうです。

初期症状が軽いこということが、慢性化率が7~8割と言う高い数字になってしまう一つの要因にもなっているのかもしれません。

ただ、慢性化してしまうと肝硬変や肝がんと言ったさらに重い病気に移行する可能性が高いので、できるだけ早く気がついて治療することが大事になってきます。

最近は新しい治療法もできたそうですから、早めに気がついて治療すれば、完治することも可能なようです。

C型肝炎についての情報や治療方法についてはこちらのサイトで、わかりやすく説明してくれています。

C型肝炎の治療ナビをチェック